読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ivy Ivy Ivy

ポップカルチャーのブログ

The 65 best albums of 2013+1

年間ベスト2013 音楽
前説

f:id:DAQJ:20140109212824p:plain
どうもこんばんは。ウェイン・ラピエール(全米ライフル協会副会長)です。
今回は恒例の年間ベストアルバムの発表でございます。今年はさらに増やして65枚+おまけ1枚=計66枚を選んでおります。
毎年ミニアルバムは除外してたんだけど、コンテンツの単位として1時間近くあるフルアルバムが時代にそぐわなくなってるのはご存知の通り。
なので、今年はミニアルバムも思い切って入れてみた。
それと去年の反省を踏まえて、66位から1位までを一気に紹介します。
じゃぁ、もう早速始めます。ワーン、ツー、ワン、ツー、スリー、フォー!


【イメージ映像】

DOA: DEAD OR ALIVE (Japan; 1999) Trailer ...


ランキング

【No.66】

イフ・ユー・ウォント・トゥ・シー・ゴッド・エルオーエル,テキスト・ヒム・ユア・プランズ

イフ・ユー・ウォント・トゥ・シー・ゴッド・エルオーエル,テキスト・ヒム・ユア・プランズ

Makin 'Zones.... "Guess What This Is About" - YouTube

【No.65】

Silver Sun - Pariah - YouTube

【No.64】

Mgmt

Mgmt

MGMT - Your Life Is a Lie - YouTube

【NO.63】

8 Queen of J-POP

8 Queen of J-POP

℃-ute 『悲しき雨降り』 (MV) - YouTube

【NO.62】

Damage

Damage

Jimmy Eat World - I Will Steal You Back - YouTube

【NO.61】

公園デビュー(初回限定盤)(DVD付)

公園デビュー(初回限定盤)(DVD付)

赤い公園 - 今更 - YouTube

【No.60】

Feels Like Home

Feels Like Home

Sheryl Crow - Easy (Official Music Video) - YouTube

【NO.59】

Holy Fire

Holy Fire

Foals - My Number - YouTube

【NO.58】

マイルーム・マイステージ

マイルーム・マイステージ

泉まくら『東京近郊路線図』 pro.Sugar's Campaign 【フル試聴】 - YouTube

【NO.57】

Out of View

Out of View

The History Of Apple Pie - See You - YouTube

【NO.56】

WORK

WORK

清 竜人 - The Movement - YouTube

【NO.55】

Care Package

Care Package

dustbox "Riot" (ライオット) - YouTube

【No.54】

ファーストアルバム(仮)

ファーストアルバム(仮)

アッパーカット! ミュージックビデオ アップアップガールズ(仮) - YouTube

【No.53】

More Light: Special Edition

More Light: Special Edition

Primal Scream - It's Alright, It's OK (Official Video) - YouTube

【No.52】

Where You Stand

Where You Stand

Travis - Moving - YouTube

【NO.51】

The Mirraz - スーパーフレア - YouTube

【NO.50】

TOWN AGE

TOWN AGE

相対性理論『YOU & IDOL』MV - YouTube

【No.49】

Mira

Mira

Alone in the dark / COMEBACK MY DAUGHTERS - YouTube

【No.48】

Yeezus

Yeezus

Kanye West - Bound 2 (Explicit) - YouTube

【No.47】

ARTPOP

ARTPOP

Lady Gaga - Applause (Official) - YouTube

【No.46】

Janelle Monáe - Dance Apocalyptic [Official Video] - YouTube

【No.45】

Monomania

Monomania

Janelle Monáe - Dance Apocalyptic [Official Video] - YouTube

【No.44】

スコットとリバース

スコットとリバース

Scott & Rivers - 「HOMELY GIRL」リリック・ビデオ - YouTube

【No.43】

いきものがかり 『1 2 3 ~恋がはじまる~ MUSIC VIDEO (Short ver.)』 - YouTube

【No.42】

THR!!!ER [輸入盤CD] (WARPCD236)

THR!!!ER [輸入盤CD] (WARPCD236)

!!! - One Girl/One Boy - YouTube

【NO.41】

180

180

Palma Violets - Best of Friends - YouTube

【No.40】

Where the Heaven Are We

Where the Heaven Are We

Swim Deep - Honey - YouTube

【No.39】

青春ファンタジア

青春ファンタジア

さよならポニーテール 『青春ファンタジア』 - YouTube

【No.38】

Love Sign

Love Sign

Free Energy - Girls Want Rock (Official Video) - YouTube

【No.37】

99匹目のサル (初回盤CD+DVD)

99匹目のサル (初回盤CD+DVD)

ザ・コレクターズ / プロポーズソング【Director's Edit】 - YouTube

【No.36】

Anthems

Anthems

Pure Love - Bury My Bones - YouTube

【No.35】

Bones of What You Believe

Bones of What You Believe

CHVRCHES(チャーチズ)/The Mother We Share (Village Undergorund) - YouTube

【No.34】

中人(初回生産限定盤A)(DVD付)

中人(初回生産限定盤A)(DVD付)

私立恵比寿中学 『大人はわかってくれない』 - YouTube

【No.33】

Finer Things

Finer Things

State Champs "Elevated" Official Music Video - YouTube

【No.32】

Days Are Gone: Deluxe Edition

Days Are Gone: Deluxe Edition

HAIM - Forever (Official Music Video) - YouTube

【No.31】

ある夏の記憶~ノヴェル・アンド・プロフェイン

ある夏の記憶~ノヴェル・アンド・プロフェイン

  • アーティスト: ワイアット・ファンダーバーク
  • 出版社/メーカー: インディーズ・メーカー
  • 発売日: 2014/01/22
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
Wyatt Funderburk "Love Will Lead the Way" (Official Video) - YouTube

【No.30】

Right Thoughts, Right Words, Right Action

Right Thoughts, Right Words, Right Action

Franz Ferdinand - Right Action (Official Video) - YouTube

【No.29】

Super De Luxe

Super De Luxe

ATTIC LIGHTS - Don't You [Official] - YouTube

【No.28】

Rewind the Film

Rewind the Film

Manic Street Preachers - Anthem for a Lost Cause - YouTube

【No.27】

1975: Deluxe Edition

1975: Deluxe Edition

The 1975 - Girls - YouTube

【No.26】

宇宙の果てはこの目の前に

宇宙の果てはこの目の前に

andymori 「宇宙の果てはこの目の前に」 - YouTube

【No.25】

Howlin

Howlin

Jagwar Ma - The Throw (Official Video) - YouTube

【No.24】

AM

AM

【日本語字幕付】アークティック・モンキーズ 「ワイド・ユー・オンリー・コール・ミー・ホェン・ユア・ハイ?」 - YouTube

【No.23】

Reflektor

Reflektor

Arcade Fire - Reflektor - YouTube

【No.22】

Challenges

Challenges

  • Farewell Fighter
  • Rock
  • ¥1500
Farewell Fighter - "Epitaph" (OFFICIAL MUSIC VIDEO) - YouTube

【No.21】

ニューユタカ

ニューユタカ

フジロッ久(仮) 2nd『ニューユタカ』予告編 - YouTube

【No.20】

でんぱ組.inc「でんぱれーどJAPAN」Music Clip Short ver. - YouTube

【No.19】

Britney Jean

Britney Jean

Britney Spears - Work B**ch - YouTube

【No.18】

スマイレージ 「寒いね。」 (MV) - YouTube

【No.17】

Avril Lavigne

Avril Lavigne

Avril Lavigne - Rock N Roll - YouTube

【No.16】

Graceless

Graceless

SULK - Flowers - YouTube

【No.15】

Shangri La

Shangri La

Jake Bugg - Broken - YouTube

【No.14】

ドレスコーズ「ゴッホ」 - YouTube

【No.13】

Snapshot: Deluxe Edition

Snapshot: Deluxe Edition

The Strypes - Blue Collar Jane - YouTube

【No.12】

BedHead

BedHead

BELLRING少女ハート - サーカス&恋愛相談 - YouTube

【No.11】

コンサート

コンサート

般若 / はいしんだ feat. SAMI-T / OFFICIAL MUSIC VIDEO (P)2013 昭和レコード - YouTube

【No.10】

Fade Away

Fade Away

Best Coast - This Lonely Morning (Lyric Video) - YouTube

【No.9】

OKAMOTO'S

OKAMOTO'S

OKAMOTO'S / ラブソング LOVE SONG - YouTube

【No.8】

apple symphony [通常盤]

apple symphony [通常盤]

春がキミを綺麗にした / 竹達彩奈 - YouTube

【No.7】

Trip Trap Attack

Trip Trap Attack

Beach Day - Beach Day - YouTube

【No.6】

2013ねん、なつ

2013ねん、なつ

ふぇのたす-スピーカーボーイ MV - YouTube

【No.5】

テレフォン No.1

テレフォン No.1

ふくろうず 『テレフォン No.1』 - YouTube

【No.4】

Selfhood

Selfhood

Sharks - Gold (Official Music Video) - YouTube

【No.3】

Volume 3

Volume 3

She & Him- I Could've Been Your Girl - YouTube

【No.2】

Paramore

Paramore

Paramore: Still Into You [OFFICIAL VIDEO] - YouTube

【No.1】

ももいろクローバーZ 労働讃歌 [歌のみver.] - YouTube


解説

という訳で、1位はももクロでした。
結局は僕の主観でしかないんだけど、以前アイドルポップ総括で書いたことは一つの基準になってる。ポップだけど攻めてること。さらに批評的であること。そんな音楽を特にフックアップしたいと思いながら選んだ(影響力ないクセに)。
んで、その頂点は間違いなく「5TH DIMENSION」だった。
このアルバムは、歌謡曲、EDM、UKロック、ヒップホップ、シンフォニックメタル、パワーポップまで雑食にジャンルを横断しながら、あくまでポップソングとして鳴らす批評的なアルバムだ。また、ビートルズパブリック・エネミー、サディスティックミカ・バンドらの影響を感じさせる点では洋楽・邦楽・時代に関係なく幅広い参照点がある。
つまり、「5TH DIMENSION」は国や時代やジャンルを超えた様々な音楽と接続できる”ハブ”のようなアルバムだ。そこを僕は一番評価した。


昨年、OKAMOTO’Sのコウキが問題提起したように日本の特にギターロックバンドの参照点が”00年代以降の邦楽”という狭い範囲で収束するようになってきてる。同じことをミイラズは歌詞で言ってる(ここがミイラズを信頼できる所以)。
ロックを含む”ポップソング”の在り方は時代と共に移り変わっていくものなので、そうした流れ自体を全否定するつもりはない。
いつだって、若者が支持する音楽こそが正しい。


でも、この状況が進むことによって失うモノ”も”あると思ってる。
例えば、問題提起したOKAMOTO’Sみたいなバンドは浮上し難くなるかもしれない(実際、今だって売れてる訳ではない)。解散しやがったCigavettesとかもそう。
この問題は作り手側だけでなく、リスナーにも当然波及する。そうすると、幅広い参照点を持った音楽が正当な評価を受けなくなっていく可能性は否定できない。
例えば、The La'sを知らなくてもCigavettesを好きになることはできる。でも、知ってればさらに踏み込んで音楽性を”解釈”する余地が出てくる。
このままだとそうした土壌はシュリンクしていく。これは権威主義的な文脈で言ってる訳ではなく、少なくとも映画とか美術とか他のカルチャーでは参照点を読み込んだ上での楽しみ方が確実にある。


逆に言えば、参照点が見えにくい音楽はリスナーが解釈する余地も少ない。そうなると、身体性や快楽へダイレクトに訴える方向に行きがちになる。
それが最近話題になってるJ−POPの高速化や高密度化=ガラパゴス化が起きる要因の一つなのでは?というが僕の仮説。
そもそも狭い範囲で参照を繰り返していけば、必然的に似たような音楽が増えていく可能性は十分考えられる。
歌メロこそ違えどリズムが凄く似てるみたいな状況は既にKANA-BOON、グドモニ、KEYTALKなんかの四つ打ちダンスロックを聴くと感じてしまう。
まぁ、これは僕が老害なだけの可能性も否定できないけど…。
いずれにせよ、参照点が狭い範囲で収束していくと、音楽の楽しみ方も含めて画一的になっていくことを危惧してしまう。


ここで逆に考えてみる。じゃぁ、参照点となる音楽が広がると何か良いことでもあるのか?と。
それは音楽シーンに多様性が生まれることに尽きる。そりゃ当たり前の話だ。料理を作る時に材料が多いほど、いろんなメニューが作れるって話と似てる訳で。
んで、その楽しさは日本でも現在進行形のアイドルシーンで実証済みだ。60年代・70年代のサイケやプログレの影響が強いベルハーが注目されるなんて、多様性のあるアイドルシーンの象徴とも言える。


あと、復権の兆しが見えつつある今のUKロックシーンも然り。SULKのマッドチェスター、TEMPLESの60年代ポップ、SWIM DEEPの90年代ブリットポップ・USオルタナみたいに、いろんな時代の参照点を持った若手バンドが出てきてる。あるいは、Peaceみたいに曲ごとに参照点となる時代を変えるバンドもいて、とても多様性のあるシーンが形成されている。
どの時代のどんなジャンルの音楽だろうが、iTunesの中ではフラットでしかないっていうデジタルネイティブな価値観が反映されてる。


「5TH DIMENSION」は僕が2013年に聴いた中で最も音楽的な多様性に溢れたアルバムだった。そして、その多様性は上述したように国・時代・ジャンルを超えた音楽へと接続できるハブとなる。だから、迷うことなく1位にした。
やべ、いろんなアルバムに触れようと思ってたのに「5TH DIMENSION」だけで字数使いすぎた…。あとは適当にググってください(投げやり)。
ホントはまだいろいろと解説したいので、次回に少し補足しようかと思います。

広告を非表示にする